バンパーを塗装する必要性を説明します

普段の買い物や通勤、通学といった用途の他、旅行などの長距離の移動の際にも、自家用車を使う人は非常に多くいます。特に地方都市などでは、車が生活の必需品となっているところも多く、一つの世帯で複数の車を所有している人も少なくありません。新車で購入したものでも、毎日のように使用していると各部に損傷やトラブルが発生するようになります。バンパーなどの外装部分もそうした損傷のできやすい部分で、気をつけて乗っているつもりでも、車庫入れの際に壁にこすってしまったり、電柱や縁石などにぶつけてしまうことがあります。こうした出来たバンパーの傷は、そのままにしておくと見苦しいものですし、傷に汚れが付着してしまい、洗車しても中々落ちなくなってしまいます。傷や凹みが出来てしまったら、出来るだけ早くバンパー修理をしておく事がおすすめです。

塗装をきちんとする事で見栄えが大きく変わります

バンパー修理をする場合、プロに任せる方法と自力で補修する方法があります。プロの板金業者にお願いすると、仕上がりはもちろん綺麗になりますが、当然費用も高くついてしまいます。自社工場を持っている業者ならまだしも、修理作業を下請けに出すディーラーなどの場合、中間マージンが発生するのでより費用が高くなってしまいがちです。修理にかかる費用を節約するのであれば、自力での補修がおすすめです。浅い傷など、それほど損傷が大きくない場合には市販されているコンパウンドで磨いてあげるだけでほとんど傷を目立たなくすることも可能です。しかし、深い傷の場合には、きちんとパテで下地処理を行い、塗装をし直す必要があります。バンパー用の塗装グッズも、カー用品店やホームセンターで手に入れる事ができるので、誰でも手軽に修理に挑戦することが可能です。

塗装のクオリティを上げるなら手間を惜しんではいけません

素人がバンパーの塗装や修理をするのは容易ではないと考える人も多くいます。しかし、きちんと手順を踏んで、じっくりと時間をかけて行えば決して難しい作業ではありません。きちんと手間をかけているつもりでも、仕上がりが綺麗にならないという人は、下地の処理や塗装の手順が良くないという事も考えられます。下地の処理は、一見綺麗にできているように見えても、細かい傷が残っている事もあるので、目で見るだけでなく、手で触って滑らかな面になっているか確認しておきましょう。また、塗装をする際、一度で仕上げてしまおうと塗料を厚塗してしまう人もいますが、乾燥時間が長くかかる上、ムラになりやすいので、薄く何度も重ねて塗るという事が大切です。特に黄色や白など、下地の色が透けやすい色で塗装をする際には、丁寧に重ね塗りをすることが上手く仕上げるコツです。